CRCアシスタントからCRCへ
私が成長できた理由

M.S
東京支店
2021年新卒入社
(医療系専門学校卒)

CRCアシスタントから
CRCへ
私が成長できた理由

M.S 東京支店
2021年新卒入社
(医療系専門学校卒)
  1. どのような就職活動を行っていましたか?

    在学中にCRC(治験コーディネーター)のことを知り、就職活動にあたってはCRCに絞って企業探しをしていました。EP綜合は、専門学校卒の新卒学生をCRCとして採用していた、数少ないSMO(治験施設支援機関)の一社でした。他にも候補となる企業はありましたが、EP綜合を選んだ一番の理由は「業界ナンバーワンの規模と実績」です。さらに、一から学べる研修体制や人材育成が充実しているこの会社なら、入社時点で薬の知識が無くても、CRCとして成長できると感じました。私はCRCアシスタントからスタートしましたが、面接では「まずはCRCアシスタント業務を精一杯がんばりながら、一日も早くCRCになりたいです」と熱意を伝えました。

  2. CRCを目指そうと思った理由は何ですか?

    専門学校時代には、主にドラッグストア等で一般用医薬品を販売する登録販売者や、調剤事務等の資格取得に向けた勉強をしていました。医薬品により病気を克服した経験があったので、医薬品にかかわる仕事がしたいと考えていました。学校の授業などを通じてCRCのことを知った時は、その社会貢献性の高さにとても魅力を感じました。CRCは新薬開発に貢献する専門性・社会貢献度の高い仕事です。専門学校卒の自分でも医薬品開発に関わり、病に苦しむ多くの患者さんに貢献できるということに、強い憧れを感じましたね。

  3. 今の仕事内容について教えてください。

    がんを専門とした大規模な病院でCRCとして働いています。私が現在担当しているのは、肺がんと乳がんの治験です。患者さんに対する説明やスケジュール管理、その他のフォローを行うと同時に、医師や看護師などの医療従事者と連携して治験実施計画書に則って治験が進行するようコーディネートしています。CRCアシスタントからCRCになったばかりの頃は、疾患や医薬品の知識が足りず、医師との会話についていくことで精一杯でしたが、治験では分からないことを曖昧なままにすることは許されません。分からないことがある度に自分で調べ、先輩方に教えてもらうことで、徐々に専門用語やGCP(医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)も身についてきました。

  4. CRCアシスタントからCRCへのキャリアアップはどのように目指しましたか?

    当社ではCRCとして業務を開始する前に、必ずCRCとして必要な知識を習得しているかを確かめるため、社内テストに合格する必要があります。私はCRCアシスタントとして日々の業務に従事しながら、テストに向け勉強をしました。入社した当初、上司からは「CRCになるには、まずCRCアシスタント業務が十分にできるようになってから。おそらく1年から2年はかかるだろう。」と言われていたのですが、一日も早くCRCになりたかった私は、人一倍業務の習得に励みました。その結果、入社2年目に入る前にはCRCとしてのOJTを開始し、先輩の指導のもとCRCの実務を学びました。仕事の合間を使ってテスト勉強をしましたが、先輩方が勉強に協力してくださったおかげもあり、無事社内テストにも合格。OJTも終了し、CRCとして本格的に仕事を始めることができました。予定よりも早くCRCになれたことがとても嬉しかったです。

  5. CRCアシスタント、CRCそれぞれのやりがい、
    魅力について教えてください。

    CRCアシスタントとしての主な業務は、治験で使う検査キットの準備や、薬物治療における薬剤の種類や量、期間、手順など治療計画を示す「レジメン」のダブルチェック、検体の回収など。これらの業務をCRCアシスタントが効率よく遂行することで、CRCはメイン業務である医師や患者さんの対応に集中できます。先輩が病気で休んだときには一人で対応し、チームに貢献できたときにはやりがいを感じました。
    一方、CRCになってからは医師や患者さんと直接コミュニケーションをとる機会が生まれ、治験に直接携わっているというやりがいをさらに強く感じられるようになりました。患者さんに薬の説明をしたり、診察に立ち会ったりする度に、CRCとしての自覚が深まります。達成感を覚えるのは、私の説明で患者さんにご理解いただき、円滑に治験が進んでいる場面を見るときです。医薬品開発の一端を担っているという実感が持てます。

  6. 応募者へメッセージをどうぞ!

    CRCは医薬品開発に貢献するやりがいがある一方、医療行為は行わないものの、万が一治験の進行にミスがあれば、患者さんの生命にかかわる可能性のある重大な仕事です。CRCをサポートするCRCアシスタントもCRCと同様に強い倫理観が必要とされます。また、医療や医薬品などの知識の習得を努力して続けられる方であれば、私のように薬学・医学の専門知識がなくてもCRCアシスタントからCRCを目指すことができるので、ぜひチャレンジしてほしいです。入社する前は「専門卒で年齢の若い私でも職場に溶け込めるかな」という不安もあったのですが、親身になってくれる上司や先輩方が多く、入ってみると思っていたより働き続けやすい職場環境でした。後輩ができたら、今度は私が親身にサポートしたいと思っています。

ある日のスケジュール
  • 9:00
    出勤(到着)
  • 9:30
    患者さん対応
    体調・治験薬の服薬状況の確認、アンケートやバイタルの測定
  • 11:00
    診察
    診察の立ち合い
  • 12:00
    患者さん対応
    治験薬の内服、次回スケジュール案内
  • 12:30
    昼食
  • 13:30
    カルテ等の確認
    カルテに記録、EDC入力
  • 16:00
    明日の準備
    検査オーダーやスケジュールの確認
  • 18:00
    退勤
top top