橋渡し役として
治験の場を生み出す

U.Y
大宮支店/グループ長
2016年中途入社

橋渡し役として
治験の場を生み出す

U.Y 大宮支店/グループ長
2016年中途入社
  1. 前職ではどのようなお仕事をしていましたか?

    臨床検査会社で、医療機関で採取した血液などの検体をスピッツの形で回収し、検査を行うラボに送付するまでを手がけていました。一般的な健康診断の検体を扱っているなかで、治験の血液検体などをお預かりする機会もあり、そこで治験の存在を知りました。

  2. BD(施設担当営業)に応募したきっかけは何ですか?

    医療の世界のなかでも、とりわけ新薬開発に広く携わりたいと感じたからです。私が高校生の頃に父親が大きな病気になり、医療機関のご尽力のもと、完全に回復してゆく姿を目の当たりにしました。間近で医療の偉大さに触れたことで、自分もその世界に関わる仕事を志すようになりました。また、医療に関する知識も増えることで、自身や家族、友人などが病気になったときに、少しでも役に立てればいいなと思っています。

  3. ⼊社をしてからこれまでの社会⼈経験が役⽴ったこと、また⼀番苦労したことは何ですか?

    前職も医療機関を担当する仕事だったので、同じ職種としてのキャリアは築いていました。ただ当社のBDに就いた時、とにかく最初は、覚えることが非常に多く本当に大変でした。薬のことをはじめ、治験を行うにあたって遵守すべき法律、各治験依頼者からの要望、医療機関側からの要望など、押さえておくことは多岐にわたります。自分なりになんとか一人前になれたと感じ始めたのは、入社後1年半か2年程は経ってからだったと思います。
    世の中には多種多様な疾患とそれに対する治療法が存在し、すべてを網羅することは、とてもできるものではありません。現在も、提携医療機関のドクターの専門領域について、面会時に様々なことを教えていただき、次の機会に活かせるように努めています。

  4. 入社して良かった点は何ですか?

    当社は試験の新規案件を毎日のようにいただいており、その数は業界内でも最多クラスだと思います。日々新たな案件と向き合うことで、新しい薬の最前線に触れられていると感じています。会社としても常に新たな取り組みを模索していて、それに関わることで個人的にも刺激を受けます。
    社内の雰囲気も非常に風通しがよく、困ったときの相談は、いつどこの部署でも気さくに応対してくれます。たとえば治験開始前の契約締結の際、海外の製薬会社の契約書はその国の法律に則った文言になっているため、日本で馴染みがなく、医療機関側から問い合わせが入ることもあります。そのような場合も、すぐ社内の契約書の専門部署に、文言の変更などを相談して解決することができます。皆の人柄が良く、この会社にずっと居続けたいと思えるのは幸せなことだと思っています。

  5. BDのやりがいや魅力、今後挑戦してみたいことを教えてください。

    ドクターがぜひ参加したいと希望される試験について、依頼者に調査票にてアピールし、無事に実施が決まったとき、依頼者とドクターの間を繋ぐBDとして大きなやりがいを感じます。また、依頼者と医療機関それぞれのルールに細かい相違がある場合に、自身が提案した内容によって解決へと導けたときなども達成感を覚えます。
    医療機関へは、プロトコールのデザインにドクターの治療方針が合うか、候補となる患者さんがどのくらいいらっしゃるかなどのヒアリングも欠かせません。新規の施設開拓も業務のひとつですが、新薬開発にもある種のトレンドがあるので、その動向を見て開拓を続けていきます。
    この仕事を通じて、コミュニケーション力、交渉力、医療に対する知識など、多くのものを身につけることができました。私は人見知りだったのですが、人と話す仕事を通じて大きく変われたと感じています。
    BDは、多くの方とのコミュニケーションで日々新しい刺激を受け、そこから得るものも多い職種です。今後も知識や経験を積み重ねながら、この仕事を続けていきたいと思います。そして、いつか自分の子どもがもう少し大きくなったら、「この薬は昔、パパが仕事で携わったんだよ」と話して聞かせることを楽しみにしています。

  6. 応募者へメッセージをどうぞ!

    BDを目指す際に、専門的な医療知識は特に不要だと思います。もちろん入社後から覚えることはたくさん出てきますが、最初は知識がなくても周りがサポートできる部分もあります。反対に必要なのは、やはりコミュケーション力です。医療機関とのやりとりが主ですが、社内だけを見ても、様々な部署に相談し、足並みをそろえて進めていくことが多いです。話をするスキルはもちろん最低限必要ですが、BDには、各部署の意見を聴取して最終的な方向性を決める役割があるので、まずは相手の話をしっかり聴く力が重要です。
    新しい仲間には、いつも「元気に明るく!」を忘れずにスキルアップを図っていってもらいたいと思います。時には周りの人たちの力を借り、自分にできることを精一杯伸ばしてもらい、そして学んだことや教わったことを、また次の後輩へと伝えていける人になってください。

ある日のスケジュール
  • 9:00
    出勤
    支店で、まずはメールチェック
  • 9:30
    グループMTG
    毎日朝夕、必ずBDのグループミーティングで進捗等を確認
  • 10:00
    外勤準備・移動
  • 12:00
    医療機関訪問
    午前診療後のドクターと面会
  • 13:00
    昼食
  • 15:00
    グループMTG・メールチェック
  • 16:00
    外勤準備・移動
  • 17:00
    医療機関訪問
    午後診療後のドクターと面会
  • 18:00
    退勤
top top